商品管理にハンディーターミナルを活用しよう

ハンディターミナルには多くの機種が有り、機種毎に搭載されている機能は異なりますが、最も一般的な機能である、バーコードの読み取り機能を、商品管理に活用しましょう。商品管理を行う為には、商品の入出庫の際には、必ず入出庫の記録を残し、商品毎の在庫数量管理を行わなければなりませんが、この作業を行うのに、人の手で用紙に書き込んだり、パソコンに入力するのでは、多くの人手と時間が必要となり、費用の面で大きな負担となってしまいます。この商品管理にハンディーターミナルを活用する事により、人手と時間の削減が可能となります。現在では、多くの商品にバーコードが印刷されていますので、このバーコードを読み込む事により、商品の入出庫の記録を簡単に残す事が出来ます。又、ハンディーターミナルはパソコンに接続して、読み込んだバーコードの記録をパソコンに取り込む事が出来ますので、記録の管理も容易に出来ます。この様に便利な機能を商品管理に活用しましょう。

ハンディーターミナルで在庫カウントがしやすい

ハンディーターミナルは、バーコードを読み込む機器として、販売店などで多く活用されているのです。商品一つ一つには、必ず、バーコードがついているので、そこをハンディーでスキャンすることで、商品を読み込ませることが出来るのです。このハンディーは、どこでも持ち歩くことが出来るので、商品の在庫をカウントする時などに、大変重宝するのです。カウントをし終わったら、お店にある商品の数が正確に把握できるのです。このハンディーは充電で使用出来るものなので、使い終わったら、充電器にセットしておくことが大事です。レジでもケースの方は、持ち上げてスキャンすることが出来ないので、そういった時に、ハンディーを使うことで、レジの清算はスムーズに行えるのです。バーコードが全体的に入るようにすることで、正確の読み込みが出来るのです。

ハンディーターミナルと誤入力防止機能のすすめ

ハンディーターミナルといえば、よく物流関係の業種で使用されている携帯型のバーコードリーダーを思い浮かべます。荷物の伝票に記入されているバーコードをこれで読み込み、サーバに送信する事でその荷物が現在どこにあるのかをその運送会社の管理システムや顧客向けの荷物追跡サービスに反映させる為の物ですね。これにはバーコードの読込入力機能と数字での打込入力機能とがある場合が多いです。読込入力とは読取り装置からレーザー等でバーコードを読込む通常の方法で、打込入力とはバーコードが汚れや破れで読み込む事が出来ない場合にバーコード下にある数字を直接入力する事で、バーコードを読込むのと同様の処理を行う方法です。運送の現場においては、どうしても一定数はバーコードを読めない伝票が発生しますので大変便利な機能なのですが、間違った数字を入力してしまうと所在確認に混乱を招くため、誤入力防止機能のある物を選ぶのがポイントですね。

新商品続々入荷中!精度抜群なレーザーバーコードリーダーが20%OFF!キャンペーン中です。メールでのお問合せは、24時間受付中です。あらゆる業種にも対応したバーコードリーダーが商品代金1万円以上で全国送料無料です。精度抜群レーザーバーコードリーダーが20%OFF!リピート購入多く、安価でも満足頂いております。今なら人気バーコードリーダーが最大20%OFF!業務効率化にはハンディーターミナル

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)