ハンディーターミナルで店舗内コミュニケーション

お店の売り場においてはいろいろな店員さんがいます。それはお客からはわからないことがあります。貫禄のある人でもアルバイトのことがありますし、若手でも店長クラスの権限を持っている人もいます。まずはその店舗の社員がいて、アルバイトなどが続きます。その他メーカーからの派遣販売員がいたり、他店舗からの応援スタッフが来ていることもあります。店員によって持っている情報が異なります。ハンディーターミナルを利用して店舗内の店員どうして情報を交換することがあります。最も多いのは一般販売員が決済能力のある人に相談する場合になるでしょう。値引き交渉を受けながらも自分では決められない値引きを言われたときに上司に相談します。その他、自分の専門分野の質問をされたときにその専門分野の人に連絡を取ることがあります。担当を変わってもらうこともあります。

ハンディーターミナルで販売員の教育

仕事をするときには、誰でも初めての日があります。過去に同じような仕事を経験していたとしても、その会社が初めてならその会社の事情はわからないはずです。初めてであってもお客さんには同じように接しなければいけません。お店によっては研修生や新人などのワッペンを貼らせて対応させるところもあるようです。別途新人を集めて教育することもありますが、効果があるのは実地訓練になります。そのときにハンディーターミナルを持たせて行うことがあります。困ったことがあるときはこちらを見ることで対応方法を調べます。基本的なことについては頭に入れておきますが、例外のことが起きたときに対応ができなくなってしまいます。その内容についてわかるようになっています。人に頼らず自分で行うことで覚えることができます。どうしてもできなければ先輩社員を呼ぶなどして対応します。

店頭プレゼン用のハンディーターミナル

お客さんに対して商品を説明するとき、最も使うのが言葉でしょう。お客さんが求めていることに対して、その情報を提供することで納得をしてもらいます。その他に使うものとしては資料になります。商品そのものの写真の資料のほか、特徴などを記していることもあります。それによってより情報を知ってもらうことができます。でも紙の資料だけではインパクトが少ないことも多いです。ハンディーターミナルにおいて、店頭プレゼンが出来る機能がついているものがあります。商品の写真だけでなく、使い方や実際に使っている場面などを動画などを使って説明することができます。また、特徴などについても単に紙で書かれたものではないので、お客さんにとってはよりわかりやすくなっています。言葉を使ってプレゼンするのがあまり得意でない人にはこれによって助けられることもあります。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


*