ハンディーターミナルで棚卸し

商品を扱う会社では必ず棚卸しが必要です。帳簿上は元の在庫に仕入を足したものから販売数量を引いたものが現在の在庫になるはずです。これは帳簿上の話で、必ずしもその数字と一致しないからです。盗難を受ける場合もありますし、単にどこかに移動しているだけかもしれません。商品によっては自然に蒸発してしまうようなものもあります。その数量などを実際に目で見て確認する必要があります。在庫チェックの方法としてノートなどを持って行うことがあります。その店舗だけならいいですが、支店があるようなところだと集計が大変になります。ハンディーターミナルに入力するようにすれば、その都度サーバに反映されます。後で入力する必要もありません。ノートであれば情報もあまり書き込むことができませんが、端末であれば数量以外の情報についても記載することができます。

ハンディーターミナルから出る光で識別

ハンディーターミナルは、幅広い業種で使われているものです。この端末からは、赤い光が点滅していると思います。この光によって、バーコードを識別できるので、お店などでは、大変重宝されるものなのです。今では、医療機関でも使われた点滴などを読み込ませるために使われているところもございます。ハンディーターミナルの大きさは、片手で操作出来るサイズなのです。この機器に入力させることで、正確な結果をデータで残すことが出来るようになるのです。ハンディーを読み込ませたいバーコードに合わせて、押すことで、ハンディーの画面にそのバーコードの情報が表示されるのです。ハンディーに扱っているものであれば。商品名も表示されるのです。私も倉庫のバイトで、ハンディを使った経験があるのです。間違って入力してしまうと、大変なので、よくバーコードの数字を見て使われることが大事ですね。

ハンディーターミナルで店舗間移動情報記録

家電量販店では店舗の模様替えを頻繁に行うことがあります。正確な理由はわかりませんが、お客を誘導しやすくなるのではないかと思われます。店舗としても模様替えをすると店員がどこにその商品があったかを把握しにくくなります。そこまでしても行うのですから何らかのメリットがないと行なわないでしょう。スーパーなどではあまり模様替えは行なわれません。利便性など考慮しているのでしょう。ハンディーターミナルにおいて店舗間で商品の以上がされた場合の情報が記録されています。ですからお客からこの商品はどこに移動したかを問われればすぐに知らせることができます。お客から聞かれる以外にも業務上その商品の売り場に行かないといけないことがあります。その時にも端末を見ることで確認することができます。変更が多い店舗では必要な機能になります。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)